業者

相場を知ることで買取金額の予想|中古車査定額は在庫や客層にも左右

愛車売却時のポイント

バイク

愛車の価値を知っておく

バイクを売却する際に注意する事は、まずは予測される愛車の査定金額を知っておく事です。近年はインターネットのウェブサイトで車種や年式などを入力するだけで、無料の査定が受けられるサービスがあるので、愛車の価値をチェックしておきましょう。その金額を把握しているかいないかで、実際の査定額に対して納得するか、再度交渉するかの根拠になります。また、売却先にも注意が必要です。個人の販売店ではカスタムの度合いを評価してくれる場合が多いです。逆に大手のチェーン店では、車種と年式などを踏まえた、程度の良い純正に近いバイクを評価する傾向にあります。愛車の車種やカスタム度合いを考慮して、売却先を選ぶ事も大切な要素なのです。

純正パーツを保管

大抵のバイクオーナーは、程度は異なれど愛車をカスタムしています。そのようなカスタムを施した愛車を買取査定に出す際、ひと工夫すると、査定金額を上乗せ出来る場合があります。その工夫とは、カスタム前の純正パーツと一緒に査定に出す方法です。何故なら、販売店によっては純正の状態でバイクを販売したい店舗も多く存在するため、純正パーツをセットで売却すると喜ばれるのです。また、純正パーツは車種によっては希少価値が高く、実は高額な場合もあります。いずれにしても、乗りかえなどでその車種のパーツは不要なので、一緒に売却してしまって損はありません。そのため、例えばハンドル周辺のアクセルワイヤーやブレーキワイヤーなどを交換した場合、純正のワイヤーは綺麗に保管しておきましょう。中にはホイールなどのかさばるパーツもありますが、売却を見越して、カバーをかけて駐車場などに保管しておくと良いでしょう。